読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPONSORED LINK

ランサムウェアウィルス感染被害によって生じる「主要な攻撃傾向」と「種類」とは何か?

ランサムウェアのサイバー攻撃手段としての人気の高さは、犠牲者によって支払われる大幅な利益によって、急成長を遂げています。 その他のウィルス攻撃と大きく異なる点として、ランサムウェアウィルスを利用するクラッカーは攻撃をした被害者から直接的に金…

標的型攻撃・サイバー攻撃は『AI自動運転技術による運輸交通システム』に起きるのか?

2020年に東京オリンピックがもう後3年たらずで開幕するが、AIによる自動運転技術を搭載した自動車に対してサイバーテロが起きるのかどうかという疑問がある方も多いのではないだろうか? 日本の全企業の約10%*1がサイバー攻撃を受けている事実がある為、筆者…

IoT(モノのインターネット化)とDX(デジタルトランスフォーメーション)から見るサイバーセキュリティ対策の難しさ

IoT(Internet of Things)とは日常の物がインターネットと接続されていく状況を表した言葉だが、現状ではデジタルトランスフォーメーションという新たな時代へと突入し始めている。 その最中においてIoTが具体的にどれだけのデバイスに接続され始めているのか…

【SNSサイバー攻撃】SEO対策専門家の逆SEO攻撃と悪質なサイバーセキュリティ対策の必要性

企業SEO対策を専業とするSEO屋が特定企業が運営しているアフィリエイトサイトの悪評をTwitterを通じて情報発信している現状が存在している。 これはSEO対策専門家が逆SEO対策をSNSを通じて行う行為とも言え、かつソーシャルネットワークを土台に個人が堂々と…

サイバーセキュリティ経営ガイドラインとは?企業経営者がサイバー攻撃対策を真剣に講じる時代へ!

モノのインターネット化(IoT)の時代を飛び越え、デジタルトランフォーメーションやドローン革命へと時代が前進し始める現代において、経済産業省がサイバーセキュリティ経営ガイドラインver1.1を経営者に向けて提示しました。 最大限の収益を獲得する為にビ…

サイバー攻撃対策として企業ができる8つの指摘と事例(こと)【サイバーアタック・サイバーテロ】

Microsoftにゼロデイ攻撃が生じた4月10日〜11日の出来事からサイバー攻撃はいつどこで起きうるのかが分からない事が理解できる。 WordファイルにRTF形式添付ファイルを開くだけでオンライン銀行詐欺ツールDRIDEX (ドライデックス)に感染してしまう恐れすらあ…

金融機関・企業は標的型攻撃によるサイバーセキュリティ事件から身を守れ!

カスペルスキー・ラボとB2Bインターナショナルの調査では、海外金融機関・金融企業が最も支払うサイバーセキュリティによるコストは1億ドルにも及び、特に「POSシステムの脆弱性」「モバイル機器の脆弱性」「標的型攻撃の脆弱性」が目立つ攻撃と言及している…