グローバルな取引を行うならeprotections。そのソリューションとは?

f:id:security-security:20171009220339j:plain

eprotectionsという会社をご存知でしょうか?

eprotectionsシンガポールで設立されたフィンテック企業で、国際的な流通や人の動きが多いシンガポールならではの「グローバルな取引に特化したサービス」が魅力となっています。

 

でも、「グローバルな取引に特化したサービス」ってどんなサービスなのでしょうか?eprotectionsの支払いソリューションについて、「JPY(日本円)集金サービス」を例にお話したいと思います。

 

 

グローバルな取引での課題

グローバルに事業を展開する企業にとって、実は取引の課題はいくつもありました。

 

例えば、

・現地の通貨で取引をすると、両替にコストがかかる。

・現地の銀行の口座がないので、信用を得られにくい。

・国際間での取引は、ムダなコストがかかってしまう。

など。

 

そんな課題を1つずつ解決したのがeprotectionsの「JPY(日本円)集金サービス」です。

それぞれの課題解決の方法を見ていきましょう。

 

・現地の通貨で取引をすると、両替にコストがかかる。

国を跨いだビジネスでまず問題になるのが「通貨」です。現地の通貨で販売して自国の通貨で受け取りたい場合は多いですよね。

 

そういった場合は、銀行間での送金や両替に手間や時間、手数料がかかっていました。ところが、eprotectionsの「JPY(日本円)集金サービス」を利用すると海外の通貨で支払ってもらった資金でもすぐに日本円で受け取ることができます。

 

eprotectionsの「JPY(日本円)集金サービス」では資金の送金や受取がスムーズになるため、グローバルな取引で感じがちだった余計な時間や手間も感じずにすみ、ビジネスの効率を上げることができるのです。

 

 

・現地の銀行の口座がないので、信用を得られにくい。

日本でも海外の銀行の企業に振り込みを行わなければならない場合、

「この会社は大丈夫なのかな?」

とちょっと疑ってしまう時ってありますよね。

 

少なくとも、初めて取引をする時には海外企業は疑いの目で見られがちです、そのため成約率が下がってしまったり、そもそもビジネスチャンスすら失ってしまったりということもあります。

 

現地の銀行口座があれば、

「自分の国で信用されているのなら大丈夫だろう」

と顧客に安心してもらいやすいというメリットがあります。

 

ところが、現地の銀行口座を作ろうと思っても、企業への審査は年々厳しくなっていますので口座を作れないというケースも多くなってきています。

 

eprotectionsを利用すれば、eprotectionsの海外の銀行口座を貸し出してもらえますので、海外でも信用を得ることが可能になります。

 

業績にダイレクトに関係してくるサービスと言えますね。

 

 

・国際間での取引は、ムダなコストがかかってしまう。

国際間の取引は、時間や手間がかかったり信用を得られにくかったりというだけではなく、手数料などのコストがかかりすぎてしまうということも問題になっています。

 

その理由が、銀行を複数挟まなければならないことや為替です。銀行間での送金や両替時にかかる手数料によって、よい製品を売り出しても相対的に高くなってしまい、その国の製品よりも売れにくくなってしまうということも

 

何とかコストを下げたり製品のクオリティをより高めたりなどの企業努力をされている方も多いと思いますが、根本的なコストの削減ができるならそれに越したことはないですよね。

 

eprotectionsのサービスでは銀行と提携することで、今までの銀行手数料を大幅削減。なんと、従来の5分の1にまでコストダウンすることに成功したのです。

 

企業努力だけでは実現しづらいほどのコストダウンは、実際に加入して使用している会社から驚きの声が上がるほど。

 

グローバルな取引をするならeprotectionsを利用したいという人が多いのも納得です。

 

eprotectionsの支払いソリューション

グローバルな取引でのビジネスもスピーディーになって信用を得られ、今までかかっていたお金も大幅にカットできるのなら、eprotectionsのサービスを利用しない手はありませんよね。

 

そんなeprotectionsのサービスについては下記サイトで詳しく知ることができます。

https://www.epro.sg/