ダークウェブ(DarkWeb)とディープウェブ(DeepWeb)とは?

SPONSORED LINK

注目記事▼ 1.知ってる?ダークウェブ(DarkWeb)とディープウェブ(DeepWeb)とは?

f:id:security-security:20170608081329j:plain

ダークウェブとは怪しいハッカー(クラッカー)たちの不吉なネットワークで、企業の機密情報データを盗み、国家の機関システムをハッキングを行うインターネット上の深層サイバースペースです。

 

幼い何も知らない子供たちにBitcoinを使って麻薬や当麻を販売させていて、ダークウェブ自体は暗号化されたWebネットで、ハッカーや活動家や犯罪者の違法行為を可能な状態にします。

 

SPONSORED LINK

 

1.ダークウェブ(DarkWeb)とディープウェブ(DeepWeb)とは?

f:id:security-security:20170502044735j:plain

既存のWebサイトは面白く、かつ朗らかなYouTubeトーリーやコミュニケーションとプライバシーを強化されたWebプラットフォームの素晴らしいソースですが、暗号化されたウェブサイトから成り立っていて、複雑なセキュリティツールを使用することでしかアクセスできないダークウェブは面白いほど興味をそそられる人もいます。

 

インターネットの隠された現実を理解する為にダークウェブとディープウェブは混同されやすく、同じ意味で使われる用語だと理解しておいて下さい。

 

ディープウェブは、サイトや一般市民に利用できず、企業のイントラネットサイト、民間のソーシャルメディアの投稿、ページのような伝統的な検索エンジンによって索引付けされていないページを参照する時のWebネットワークです。

 

ディープウェブの上層に位置するClearNet(一般に暗号化されていないダークウェブではないインターネット領域)は伝統的なインターネットで世界中の数十億人の人々が使用しています。

 

ClearNet(クリアネット)は安全で、常に安全なデータを移動するために暗号化が使用されます。SSL電子商取引中にパスワードを保護されクレジットカード情報を保護しますが、インターネットの性質上、匿名性はごくまれです。

 

コンピュータとモバイルのIPアドレスは常に記録され、簡単にトレースされてしまいす。Cookie(クッキー)は、ウェブマーケティング担当者がオンライン活動を追跡し、行動を分析するのに役立っている事は明確な事実です。

 

いわゆるダークウェブを区別する手段は、サイトにアクセスする方法です。

 

SPONSORED LINK

 

1.5. ダークWebを生み出すオニオンルーター層(タマネギ層) とは?

f:id:security-security:20170526002254p:plain

ダークウェブ、もしくはダークネットは暗号化されたコンテンツを持つサイトのネットワークであり、Tor(The Onion Router/オニオンルーター)などの安全なブラウジングツールの安全なスイートでしかアクセスできません。

 

オニオンルーターの頭字語である Tor は、WindowsOS XLinuxと互換性のあるMozilla Firefoxブラウザのカスタマイズ版用に作成されたオープンソースのセキュリティツールのパッケージです。

 

ソフトウェアはユーザーのトラフィックを暗号化し、IPアドレスをTorノードの複合体を通過させます。

 

これらの「オニオンルーター層(タマネギ層)」はユーザーの匿名性を保護し、同様に保護されたWebサイトへのアクセスを提供します。

 

これらのサイトには、フォーラムからwikiページ、ブログ、clearnet上のWebサイトのような機能があります。ダークウェブドメインでは「.onion」のトップレベルドメインで、記憶されていないハッシュされたURLを頻繁に使用します。

 

個人および職場のコンピュータには、機密ファイル、パスワード、健康記録などのミッションクリティカルなデータが格納されることがよくあります。

 

従来の家庭用PCでTorを使用することができ、Dark Webにアクセスできるため、セキュリティ専門家はTailsオペレーティングシステムのような追加のセキュリティツールに依存しています。

 

Tailsはポータブルフラッシュドライブにインストールして実行できるLinuxディストリビューションです。Dark Web via Tailsにアクセスすることで、ユーザーの動作がローカルに記録されることはなく、悪意のあるソフトウェアがホストPCに危害を加えることは非常に困難です。

SPONSORED LINK

 

2. Case1 / ダークウェブは犯罪的で暴力性が高い

f:id:security-security:20170526003053j:plain

ダークウェブが不透明で時にはねじ曲がった、ClearNet(クリアネット)の反対位置であることも真実です。犯罪は暴力的です。

 

このどす黒い市場は、非道徳的な自由な犯罪者がBitcoinでうまく利益を得ることを可能にします。

 

最も有名なダークウェブ市場シルクロードは、ベンダーとバイヤーにビジネスを匿名で行い、薬物、銃、人間、身分証明書、クレジットカード番号、ゼロデイ攻撃、悪意のあるソフトウェアの販売を可能にしました。

 

このサイトは2013年にFBIによって襲撃され、閉鎖されましたが、匿名の暗号化された闇市場のアイデアは急速に広まりました。今日Deep Dot Webのサイトには数多くのダークウェブ市場が掲載されています。

 

また、一般人がダークウェブを頻繁に訪問する必要はありませんが、消費者は誰でも身元情報の盗難の危険が存在し、暗号化されたインターネット機能の基本的な理解が必要です。

 

企業は、ハッキングされた企業や政府からのデータは、暗号化されたインターネット上で簡単に見つけて購入できることを認識しておく必要があります。

 

Tripwire、ID Agent、Massiveなど多くの企業が Dark Webを監視し、企業がDark Webのデータ漏えいに対応するのを支援しています。

 

ダークウェブは完全に悪意のあるものではありませんが、安全な場所ではありません。ノービスとエキスパートは、ダークウェブを訪問するときには気をつけて注意する必要があります。

 

ダークウェブのような暗号化されたサイバー空間は、両刃の剣です。隠されたインターネットは、良い悪い俳優の両方が無制限の匿名で働くことを可能にする。暗号化と同様に、ダークウェブは、消費者とビジネスの両方の現実です。

 

企業はダークウェブについて知る必要があり、インシデントが発生する準備が必要です。しかし、消費者や企業は、脅威を認識し過ぎてはならない。ダークウェブは巨大ではありません。

 

「ClearNet(クリアネット)と比較すると、ダークウェブはおそらく数千、数十万のサイト」とウィルソン氏は説明する。「ほんの数千もの有用なコンテンツが返ってきており、ClearNet(クリアネット)と比較するとTorユーザはごくわずかです」

 

ダークウェブは非常に危険だからこそ、注意してください。

SPONSORED LINK

 

3. Case2 / ダークWebはインサイダー取引情報をやりとりする場

f:id:security-security:20170608081831j:plain

ダークウェブでのインサイダー取引は拡大しており、インサイダー取引をめぐる議論や情報は2015年から2016年にかけて2倍近くになり、年末までには数千件近くに及びます。

 

ダークウェブは、インサイダー取引の収益化を可能にする準備が整ったバイヤーと協力者を持つ市場を作り出しています。

 

そして、セキュリティ対策側に検出される危険性が少ない新たな違法現金化を行える場としての成長を遂げています。

 

近年では、Webネットワーク上のこのような議論の場は監視対象となっていますし、もちろんインサイダー情報が飛び交うダークウェブ上を注視している研究者も多く存在しており、新たな金の生み出し先としてのダークウェブから、金融詐欺が起きないように未然に対応しています。

 

株式市場情報や外国為替取引などの事前情報を取得し、悪意を持って市場から資本を盗み取る場を獲得するには、オープンネットではないディープウェブなサイバー空間が必要となる事は明らかですが、インターネットの特質上こうした秘匿性の高い空間はいつまでもなくならないのかもしれません。

SPONSORED LINK

 

4. 世界最大のDark Web Market Place『Alpha Bay(アルファベイ)』とは?

f:id:security-security:20170607185056j:plain

世界最大のダークWebマーケットプレイス『アルファベイ(Alpha Bay)』とは、世界最大級と呼ばれていたシルクロードと呼ばれるダークWeb市場が完全に崩壊した事で、近年力を付け始めていた市場です。

 

米連邦準備制度理事会FRB)は、児童買春・麻薬取引などの汚いお金のやり取りを行うための次の場所としてアルファベイ(Alpha Bay)が利用されている 事を以前から認識しており、対策を行い続けていました。

 

アルファベイ(Alpha Bay)が2017年度に売り上げていた1日あたりの収益比率は、約60〜80万ドルとされていて、これは、アルファベイに潜入する事で、スレッドに記載れていた金額や、実際の取引に関する情報を取得する潜入員が調査をしたからです。

 

Webネットワークのある場所を利用して犯罪に関与する収益を得る事自体は、その犯罪が行われている場所に入り込む潜入員が存在する事で、大抵において明るみにする事が出来る状況になっています。

 

とはいえ、BlockChain(ブロックチェーン)技術を利用した、第三者の目に触れられない形での取引が可能となる事や、仮想通貨(Bitcoinなど)を通じて、既存のお金ではなくデジタルマネーを通じた犯罪資金獲得の動きが今後の懸念材料ではあります。

 

大きなダークウェブと呼ばれる場所は今後消えていきながらも、新しい情報技術を利用する事で、Webネットワークそれ自体が犯罪を簡単に行える場所になる可能性もあり得るでしょう。

SPONSORED LINK