フリーランス必見!!『マイ見積(自動見積もりフォーム)』は仕事を頼む発注者側が『幸せな理由』

SPONSORED LINK

注目記事▼ 1.知ってる?ダークウェブ(DarkWeb)とディープウェブ(DeepWeb)とは?

f:id:security-security:20170602164612p:plain

CrowdWorks上でマイ見積という聞きなれないWebサービスのレビュー記事依頼を見つけたので、競合他社と何が違うのかが気になり応募しました。

 

すると...。ひとまずレビューを書いて良いとの事!

 

では、レビューしていきます!

 

 

マイ見積(自動見積もりフォーム)は『仕事を頼みたい側が嬉しい見積もり作成』をしてくれる...!

f:id:security-security:20170501101303j:plain

マイ見積を最初に利用し始めた段階だと、競合他社でかなり強いMisocaと何が違うのか疑問だったんです。

 

しかし、実はユニークな視点で開発されたユーザービリティの高いWebサービスで、Webサイト上に相手企業が選択できる見積もり書を設置する事が可能なんです。

 

イメージはこんな感じ。 

f:id:security-security:20170603152854p:plain

基本的には自分が見積もりを毎回作成する作業フローを短縮化出来るのって想像以上に嬉しいんですよ。

 

そして、はてなブログの場合は見積もり書は「iflameタグ」で設置できる仕様になっていて、WPとかだとそのままプラグイン設置が出来るようになっています。

 

なので、どのCMSプラットホームを利用していても問題なく利用出来る感じですね。

 

あとですね。利用上の注意点としては、Footerに「ログインボタン」がある事ですね。

 

なんでだろう...?

f:id:security-security:20170602164940p:plain

 

セキュリティ関連のブログと『なに』も関係ない...?

f:id:security-security:20170502044735j:plain

うーん...。実はそんな事もないんです!!!

 

ブロガーという訳ではなく、趣味でブログを書く僕は何を隠そうフリーランスなので、各企業に見積もりを送ったり、送られたりと結構大変なんですよ。

 

こちら側からの見積もりはこんな感じです〜!

 

と、サクッと相手企業にも伝えられる点が極めて嬉しい感じだし、そもそも作業的に見積もりを作らずに、企業と意思疎通が出来るのが気楽です。

 

この気楽さが良いんですよね。フリーランスとしては工数とコストはいくら減らしても良いものなので、マイ見積は良い感じの自動見積もりフォームでした!!